ヴィオル概論【著者:ジャン・ルソー 訳:関根敏子、神戸愉樹美】出版社:アカデミア・ミュージック 1998年"

※中古本・状態(良い)

フランス・ヴィオル音楽史の幕開けにあたる時期に書かれたこの本は、同時代のマラン・マレやアントワーヌ・フォルクレ等の作品を演奏する上で書くことのできない事項を多く含んでいる。邦訳の出版は昭和63年に出版された。本の一部に鉛筆でも書き込みはあるが、状態は良好。

-----------------------------
ヴィオル概論
著者:ジャン・ルソー 
訳:関根敏子、神戸愉樹美
出版社:アカデミア・ミュージック
1998年
---------------------------

¥ 2,300

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する